▽△▽

備 忘 録 (っ ॑꒳ ॑c)

1日で2回も映画を観るのは初めてです

全休を使って先延ばしにしまくってた『同級生』と『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』見てきた!



『同級生』のぼんやり感想

BL映画を映画館で見るの初めてだったから、観る前からちょっとドキドキした(笑)

明日美子先生のあの繊細なタッチが映像になるとどんな感じなのかな〜とかどこまでやんのかな〜とかいろいろ考えてる間に始まった本編。

モブ生徒さんが動いてる、ざわざわ話している。その一瞬で一気に『同級生』が始まったと感じた。すごいすごいすごい。やばい。

そしてメインの草壁と佐条が出た瞬間、鳥肌。だってあんまりにも綺麗すぎた。キャラデザすごい。明日美子先生の漫画がカラーになって動いてる?夢か?ってなるぐらい綺麗。もうダメだと思った(???)

そして私がこの作品で1番大好きなはらせんーーー!!!うおーーーー!!!!喋ってるーーーー!!!!動いてるーーーーーーー!!!!そして歌ってるーーーー!!!!映像になるってすごいと静かに興奮しましたかっこいい好き。

メインの草壁と佐条は幸せなため息が出るほどピュアで一生懸命で青春しまくってた。2人で歌の練習するシーンは場所を変えて、いろいろあったけど背景だったり影の感じも綺麗。あと2人の初キスがあまりにもドラマチック。魅せ方〜うますぎ〜むり〜すき〜しぬ〜あぁ〜!!!うわぁ〜!!!
あ〜あと公園の砂場の〜!!!あれは〜!!!声優ってマジ凄いねいつも私たちに夢と希望と萌えといろいろありがとう。

2人の顔がアップになるとやはり目の描き込みがすごくてそれもまた感動。睫毛。男子高校生のくせになんだ!そのふさふさ睫毛は!よこせ!ってなるぐらい。瞳。吸い込まれる。好き。
そして髪の毛かな…これは特に佐条…黒髪サラサラありがとう…佐条可愛いよ佐条…(´;ω;`)

はらせんと佐条のエピがカットされていたのははらせん推しの私としてはぐぬぬだったけどそれでも佐条とのふへへ〜なシーンは高まったぜ。はらせん好きだ。

ところどころに笑えるところもあって、微笑ましいところもあって、切なくなるところもあって、見てるこっちが照れるようなきゅんきゅんもあって、とても満足。絵も動画も音楽もなにもかも美しい。終始制作陣の気合いと愛を感じる作品だった。

男子高校生の赤面を大画面で見るのはいいね(b・ω・)b

入場者特典のイラストボード。




『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』のぼんやりすぎる感想

ぼんやりすぎてほんとクソかよって感じだけど、ほんとにこの映画すごいから原作知ってる人は絶対見るべき。ていうか見ろ。

絵の方は、キャラデザがちょーっと変わっておん…って感じだけどそんなのはすぐに気にならなくなるぐらいの思い出ボム。みんな声とかそのまんますぎた。

WJの読み切りやスタッフ、キャストインタビューで、とりあえず海馬が暴走しまくるということだけはわかっていたけど、わかっていたけど、海馬やばい。暴走しすぎ。いや!あれが海馬だ!あれこそ海馬だ!海馬ー!っていうわけのわからない高まりがある。海馬コーポレーションは一体どこまででかくなるんだ…。

海馬がもう一人の遊戯とデュエルするシーン、これは海馬の夢?妄想?回想?は?となるが海馬コーポレーションお得意のソリッドビジョンでワロタ。
いや、ワロタんだけどももう一人の遊戯のセリフ聞けるとは思わんくてめっちゃビビった。まぁでも結局は海馬の記憶のなんたらなんだけどさ。

もうほんとに海馬がすごい。千年パズルを見つけるために掘り起こしたり、わけのわからんデュエルディスク使ったり(しかもカードはクリスタルなんたらでデータ化)、嫁ジェットから飛び降りるし、宇宙には行くし、過去には飛ぶしもうすごかったよ。海馬って以前からやべーやつだとは思ってたけど、改めてやべーやつだと再確認した。

でもデュエルシーンはめちゃくちゃ熱かった!もう迫力が!モンスターもかっこいいし、キャストの魂の叫びが!カァーッタマランッ(´>∀<`)!って感じ!藍神もめっちゃよかったぞー!

相変わらずの俺ルールが惜しげもなく披露され、特殊効果!魔法発動!罠発動!(遊技のトリプル罠と海馬に魔法カード渡したときは正直笑ってしまった)バンバンバン!とテンポよく、息付く間もないぐらいのハイスピードで進んでいくデュエルはかなり爽快。終始うおおお!!!あああ?!!?あああああ!!!!って感じですごい盛り上がった。

リメイクなのかな?アニメで遊戯が使ってたモンスター達も装い新たに出てきたり、相変わらず(だが作画はかなりかっこいい)ブラックマジシャンに、めちゃくちゃかわいいマジシャンガールズ(遊戯めっちゃハーレム…)に、海馬のドラゴンたち…めっちゃかっこいい。海馬のドラゴンたちはマジでかっこいい。なんだろ質感?とりあえずすごかた。あとはオベリスク召喚したときはギャーーーーってなった。地底からオベリスク呼んじゃう海馬はやっぱりすげぇ。

あとはラストデュエルの千年リングに操られ恐ろしい姿になった藍神(これはほんとに恐ろしい姿ですドン引き)と、まさかの遊戯と海馬コンビ!!!熱い!!!熱すぎる!!!

海馬がパズルを遊戯に託して粒子化したときは、なんか海馬成長したな…でもやっぱりアテムは諦められないのね…って思った。そして遊戯が力をふりしぼって戦うんだけど目のハイライトがどんどん消えて、やばいじゃんこのままじゃ世界終わるじゃん;;と思っていたら、まさかのね。まさかのアテムがね。かっこよすぎ。神々しすぎ。泣いた。しかもマハード召喚?呼び出す?ってやばない?もうご都合主義と言われようがなんだろうが私は本当に感動した。ありがとうアテム。

敵を倒して、遊戯とアテムが感動のご対面なのだけどしゅご無言。そしてアテムはパズルを消して、自らも消えていったよ。むり。みんなが目覚めてから、遊戯が「少し話も出来た」って言った瞬間ファッ?!とはなったけど、あぁ…あの2人だけの会話があそこにはあったのかと思うともういいやよかったなっていう気分。

遊戯と海馬の最後のやりとりも良かった…海馬くんは信じていたんだね…うぅ(´;ω;`)

まぁそのあと海馬すごいけどね。次元とか概念とか時間とかそういうのを飛び越えてアテムに会いに行っちゃうからすごいよね。愛が重いよ。

とりあえずこの映画、シャーディーだったり、獏良の過去だったりすっ飛ばされた部分も描かれていてすごくよかった。サンキュー和希。圧倒的感謝。

総作監加ヶ美さんはじめスタッフのみなさん…美しい指をありがとう…個人的に海馬の美しい肉体と遊戯の黒シャツスタイルとアテムの片腕手指を最高でした…

キャストのみなさん…風間!出てくれてありがとう!かっこよかった!津田健!かなり叫びが多かった!すごかった!魂震えた!あの頃見たアニメのままの声が聞けて私はこれからなんか頑張って生きていけそうな気さえします…

遊戯王、マジですごかった。なんかもう言葉が出ない。最初から最後まで精神をすり減らしながら観た。観終わったあとはなんかすごすぎてしばらく席立てなかった。あと数百回くらい見たい。

遊戯王という作品の素晴らしさ、凄さに圧巻された。

遊戯王…大好きだ…

入場者特典のガイアロード!かっちょいい!




同級生と遊戯王は間の時間がかなりあったから、アニメイトに行ってきた。

妖6が気になりすぎてGファンタジー久々に買った(笑)あとはたなけだ〜とずーっと欲しかった伊藤ハチ先生の本;;pixivで見たときからこの可愛らしい絵と話が大好きで、書籍化したときめっちゃ嬉しかった…百合はいいものだ…
あとはDKH第5弾(^ω^)予約してなかったんだけど全然探しきれなくて焦ったけど見つけたときはこれから予約ちゃんとしようと思った。(たぶん)ラス1〜!